*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

マンスフィールドフェローシッププログラム研修員Jared Pasley

20131107_111742.jpg
JCCP東京本部事務局では、2013年11月5日から11月21日の約3週間、マンスフィールドフェローシッププログラムのフェローである、米国連邦政府職員Jared Paslayさんの研修受け入れを行いました。



以下、Jared Paslayさんからの研修を終えての感想をご紹介致します。



日本紛争予防センターで3週間研修させて頂き、誠に有難うございます。どうやってNGOが紛争予防を行うか、どうやって各国の不安的な状態を安定させ活躍をさせるかを理解するために、この研修は非常に役立ち、楽しくて理想的な体験になっています。

研修の時は、様々なプロジェクトや会議に参加させて頂きました。そして各JCCP英語版書類を修正しながら、JCCPの幅広くて多面的な作業が分かるようにしました。また、日本のNGOと政府の事務所の雰囲気や動き方の比較が出来て良かったと思います。JCCPの皆様が笑顔で色んなことに招いてくれて、感謝しています。特に昼食を食べながら、国際、政治、戦争、経済、文化、それから日常生活について色んな話が出来て、有難いです。

これから、JCCPでの大事な任務を尊敬しながら、有難い気持ちを持って出発いたします。3週間我慢とお世話をして頂き、大変お疲れ様でした!また世界のどこかで是非会いましょう。


My last three weeks with the JCCP have been a fantastic learning experience and the ideal place for me to gain perspective into how some NGO's approach the issues of conflict prevention and nation building. It has been a very fun and educational time.

The office kept me busy with a variety of projects, to include reviewing the English versions of their homepage and several articles, attending conferences and administrative meetings, and translating a few of their written products. I also had a great time observing the similarities and differences within the Tokyo office when compared to other Japanese government agency offices. The members of the JCCP really went out of their way to make me feel welcome, and I appreciate the conversations and opinion exchanges we have shared about international politics, war, economics, foreign cultures, and life in general.

I leave the JCCP with a great respect and a shared passion for their mission abroad. I am very grateful for the time they put into providing me with a rich learning environment these past few weeks. I hope to see you all again somewhere out in the field.

マンスフィールドフェローシッププログラム研修員Wikrom Kitchaiya

photo04.JPG
JCCP東京本部事務局では、2013年9月17日から10月4日の1ヶ月弱の間、マンスフィールドフェローシッププログラムのフェローである、米国連邦政府職員Wikrom Kitchaiyaさんの研修受け入れを行いました。



以下、Wikrom Kitchaiyaさんからの研修を終えての感想をご紹介致します。



日本紛争予防センターのプログラムは、9月17日に始まって10月4日に終わりました。
スタッフは、私の到着のために多くの準備をしてくれました。彼らは、日本語の能力が不足している私に、意味がある仕事を提供してくれました。

このプログラムの間に、私は、ドナー拡大のためにある企業を訪問して、防衛省防衛研究所で日本紛争予防センターの理事長と講義に出席しました。
私は、JCCPでの勤務を本当に楽しみました。小さな事務所と少人数のスタッフによって、家庭的で親しみやすい雰囲気でした。毎日お弁当を持ってきて、スタッフとの昼食を楽しみました。この間に我々は、お互いをよりよく理解することだけでなく、文化的な違いに関する議論もしました。

JCCPのスタッフは、作業の効率を最大にするために、個人の能力を理解し、特別な仕事を与えました。私は、国際平和デーまでにJCCPの新しい英語のウェブサイトを立ち上げるために、英語のチェックをする仕事を与えられました。全体的に、これは非常に良い経験でした。そして、さらに同じだけのことを他のプログラムから学ぶことができることを私は望みます。

JCCPの皆さんは、家族のようです。私もJCCPに来て良かったです。


The JCCP placement started on 17 September and concluded on 4 October 2013. The staff has done a lot in preparation for my arrival. They were able to accommodate my lack of language proficiency with meaningful work. During this placement, I attended a lecture by the JCCP’s president at the National Institute for Defense Studies (NIDS). Next, we visited a private company to expand the donor’s relation. Initially, I was a bit concerned about my language capability, but apparently, I came to JCCP during an important phase; the agency was undergoing a process to update their English website in order to showcase it on the International Day of Peace. I was able to contribute greatly to ensure an on-time new English website launch was successfully done by the deadline. During my time at JCCP, I learned a lot about the agency’s work in Africa, particularly in South Sudan, Somalia and Kenya.

I thoroughly enjoy my time at JCCP. The small agency office and low number of staff members create a homely and friendly atmosphere. Each day I was encouraged to bring a bento or purchase one nearby and enjoy lunch with all my coworkers. During this time, we usually discuss cultural differences along with learning more about each other. Additionally, JCCP's staffs did an exceptional job at utilizing each person’s strength in order to maximize the office’s efficiency. Overall, this has been a very pleasant experience and I hope that I could learn as much from my subsequent placements.

JCCPで皆さんは家族のようです。私もJCCPに来て良かったです。