*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

南スーダン事業
ジェンダーに基づく暴力(GBV)被害者支援・予防促進事業

 2014年6月1日より、JCCPは南スーダン共和国にて、国内避難民(IDP)を対象に、ジェンダーに基づく暴力(GBV)被害者支援・予防促進事業を開始致しました。

 南スーダン共和国では、2013年12月の首都ジュバにおける大統領警護隊内での衝突を発端に、サルバ・キール大統領とマシャール前副大統領との対立が表面化し、その後、それぞれの出身部族のディンカ族とヌエル族との部族間紛争へと発展して地方に戦闘が拡大しています。

 この紛争により多くのFacebook Photo_Somalia 2.jpg女性や子どもが国内避難民(IDP)となっており、紛争が原因で、特に女性に対する暴力が増加しています。ジェンダーに基づく暴力(GBV)に関する対応は散発的に始まっているものの、総合的な支援の強化が必要とされています。
 本事業は6カ月間の実施を予定しており、ジュバ市および近郊の国連施設外にある3つの集落に避難している5,000人のIDPと、その受け入れコミュニティを対象としたものです。事業内容はGBV被害者の生活改善及びGBV予防を目的とした物資の配布、ジュバ市の紹介支援先(医療・司法・警察)の専門家に対する研修、そしてIDPに向けたGBVに関する啓発・研修等です。
この支援は、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)の助成と皆様からのご寄付によって行われています。