*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

HOME > 活動地域 > 国外事業 > 過去の事業 > バルカン > ブヤノバツ市の共同清掃事業

活動地域.png

ブヤノバツ市の共同清掃事業

ブヤノバツ市の共同清掃事業

JCCPは2009年2月から、セルビア共和国南部のブヤノバツ市において、 セルビア系、アルバニア系とロマ系住民の小学生を対象に、相互理解と和解促進を目的とした共同清掃の事業を行いました。

セルビア南部の中都市ブヤノバツ市は、人口4万3千人のうち、55%がアルバニア系、34%がセルビア系、そして9%がロマの人々です。 住民同士の居住区は分断されてはいないものの、それぞれの民族ごとに学校や商店、流通システムを持ち、異なる民族間の交流は非常に限定されています。 現地の公衆衛生局の協力のもと、これまでほとんど交流の無かったセルビア系、アルバニア系、ロマ系の小学校の児童による共同清掃活動やワークショップ、 絵画の共同制作などを通じ、民族が異なる小学生同士の交流を草の根で促進する取り組みを実施しました。

助成:外務省(日本NGO連携無償資金協力)

3368140029_28c3f87f69.jpg