*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

活動地域.png

HOME > 活動地域 > 国外事業 > 過去の事業 > カンボジア > 武器回収と農村開発

武器回収と農村開発


武器回収と農村開発プロジェクト


WfD_2.jpg

1998年にクメール・ルージュが降服したことで、カンボジアの長い内戦の歴史に終止符が打たれることになりました。しかし、それだけでは新たな紛争や暴力が発生しないという保証にはなりません。紛争があった場所には多くの危険な武器や兵器が残されており、それらがカンボジア村や町で流通している状態にあったのです。

カンボジア全土において、EU(欧州連合)やJSAC(Japan Assistance Team for Small Arms Management in Cambodia:日本小型武器対策支援チーム)による小型武器回収支援が始まるなか、JCCPは「小型武器回収と農村開発プロジェクト」”Weapons for Development(WfD)”を2002年から2005年にかけて実施しました。(上写真:武器回収を促すポスター)このプロジェクトは、農村において小型武器を回収し、回収した村に対して住民が希望する教育や公衆衛生設備等の開発事業を行うというものです。 武器回収キャンペーンを始める前に、JCCPは地域の知事、警察、共同体や村の長など様々な関係者と話し合いを行い、まず第一に、紛争再発の予防、カンボジア社会と人々の生活の安定化、治安の改善の重要性が人々の間で共有されるよう試みました。そのうえで、紛争後にいまだ各地に残された武器の違法所有・違法使用を防ぐための小型武器回収事業の必要性を理解してもらったのですこうした話し合いを通じて、現地の人々から理解と支援を得たのちに、JCCPはカンボジアの20州のうち14州計41地区でプロジェクトを実行しました。

プロジェクト期間中、JCCPは包括的な啓発キャンペーンも実行し、コミュニティに向けて、余分・違法な小型武器をコミュニティから取り除くことによる利点と、その後もコミュニティにおいて取り組まれるべき課題についての情報提供を行いました。1040のコミュニティにおいて1255回にわたって行われたこの対話セッションには、7000人を超える人々が参加しました。結果的に、2565丁の武器と3190組の弾薬が自主的に提出されました。(右写真:回収された武器)

現地コミュニティのこうした協力に対して、JCCPは6つの貯水池、39の丸井戸、101のポンプ式井戸、トイレ施設3か所、窯3つ、水門5つ、学校2校を建設しました。プロジェクトは2005年の12月に成功裏に終了し、この小型武器回収・農村開発事業よりコミュニティに残存する小型武器問題は劇的に減る結果につながりました。

助成:独立行政法人 国際協力機構(JICA)