*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

HOME > 活動地域 > 国外事業 > 過去の事業 > 東部アフリカ > PKOセンタ—訓練・研修

活動地域.png

PKOセンター訓練・研修


PKO訓練センターでの
平和構築実務家の育成(過去の事業)

africa_pko01.jpg設立以来、JCCPは国内を中心に紛争予防のための人材育成に取り組んできましたが、2007年より、さらにアフリカにおいて平和維持(PKO)、紛争予防支援に携わる実務家に対する専門研修を開始しました。JCCPは、アフリカ地域のPKOセンターや国連機関、現地政府と連携し、PKOや平和構築支援に従事する軍人、警察官、文民職員、現地政府職員など、さまざまな立場と役割を持つ参加者を対象にした人材育成を実施しています。世界でもPKO訓練センターにおける研修を担う団体が数少ないなか、JCCPは日本で唯一同分野における実績を有している団体となっています。

近年アフリカ連合(AU)を中心に、ダルフールや現在のソマリアのように、国連が当初から介入することが困難な武力紛争・人道危機に対し、アフリカ独自の平和維持軍を派遣するためのアフリカ待機軍(ASF)創設の準備が進められています。また軍隊のみでは実施が不可能な平和維持・平和構築活動に対し、現場で活動する警察、文民職員の育成もあわせて行われ始めています。アフリカにおける平和維持・平和構築分野における人材育成の必要性に対しては、2007年、2008年の首脳国会議(G8サミット)でも提言が行われています。

JCCPは、アフリカ各地のPKO訓練センターにおける研修を行う一方、ケニアを初めとする東部アフリカのPKO訓練センターにおける訓練計画・能力強化策の立案も行っています。ダルフールやソマリアなど、国連やアフリカ連合、国際社会が安定化のための方法を模索している紛争危機に対して、JCCPが実施する人材育成支援は、日本が世界の平和協力分野で先進的かつ具体的な役割を担うためのひとつの形を提示する支援でもあります。

助成:ピアソン・ピースキーピングセンター
国連開発計画(UNDP)