*「紛争の被害者を平和構築の担い手に」JCCPはアフリカ・中東の平和構築を支援する認定NPO法人です。

【中東地域】
プログラムオフィサー/事業担当/現地駐在 (中東事業)

JCCPは1999年に設立された認定NPO法人で、紛争予防のための支援を専門とする日本唯一の国際NGOです。現在はアフリカと中東地域で活動しています。創立20年目を迎え、さらなる成長を目指す組織の活動を共に支えてくださる方を募集します。

2018年度は、ケニア、南スーダン、トルコ、およびソマリアにおいて、紛争の影響をうけている地域で、現地組織や国際機関などとも連携しながら女性や子どもが安心して暮らせる地域づくり、紛争などによる被害を受けた人たちの心のケア、また、異なる民族での共同作業を通じた民族融和、若者の過激化・テロ予防などの事業を実施しています。2019年度からは、新たな事業地、プロジェクトの開始も予定されています。

今回募集する「プログラムオフィサー/事業担当/現地駐在」の職は、個別の事業の担当者として、東京事務局、あるいは事業地での、事業の進捗管理、資金提供団体との調整などの業務を行います。担当する事業は中東地域での事業を想定し、勤務地については本人の状況を勘案し、相談しながら決定します。紛争予防、平和構築支援や紛争被害者の心のケア、過激化・テロ予防などの事業にご興味のある方は、ぜひご応募ください。

勤務地:

東京事務局、中東地域のいずれか。東京事務局勤務の場合は事業地への短期出張あり。

募集人数:

1人

雇用形態:

正職員

雇用:

2019年7月中旬から(応相談)

職務内容:

・紛争予防・平和構築分野の事業の企画・計画・実施管理・モニタリング/評価・担当国の政策や治安に関する情報収集・分析・調査、危機管理・国際機関や政府系機関、現地団体との連絡・調整・関係強化・現地職員の育成・指導、現地事務所の維持管理、運営、業務改善など。

資格要件:

【必須】

・JCCPのビジョン、ミッション、活動に賛同していること
・2年程度以上、途上国で勤務した経験を有していること
・英語・日本語で円滑に業務が遂行できること
・英語・日本語での高度な文章作成能力があること
・事業予算の会計管理あるいは支出管理の経験があること
・PCの一般的な使用に関する知識と技術があること
・MSオフィス(Word、Excel、PowerPoint)の最新バージョンの知識と技術があること
・チームプレーヤーであること
・心身ともに健康であること

【追加的評価事項】紛争地での安全管理の知識および経験

・紛争地での安全管理の知識および経験
・紛争予防・平和構築分野での実務経験
・国際機関や政府機関での勤務経験
・政府、国際機関、民間助成金事業(JPF、N連、JICA等)に関する知識および経験
・経理(簿記3級相当以上)の知識および経験
・監査・総務・人事の知識および経験
・モニタリング/評価の知識および経験

その他:

・年齢制限はありません

待遇:

・試用期間 3ヶ月間
・当センターの規定に基づく給与の支給
・昇給・昇格制度あり
・夏期休日、年末年始休日あり
・年次有給休暇制度あり
・健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入

応募締切:

・2019年6月28日(金)正午(日本時間)必着
・締切日前でも、適任者が決定した場合は募集を締め切らせて頂くことがあります。
・応募書類の返却は致しかねますのでご了承下さい。

応募方法:

電子メールの件名に「プログラムオフィサー/事業担当/現地駐在(ご自身のお名前)」と明記の上、下記の書類をoffice@jccp.gr.jpまで電子メールでお送り下さい。
・履歴書(和文)
・志望動機書(和文、書式自由、A4で2ページ以内)
・職務経歴書(和文または英文)

選考方法:

お送りいただいた書類をもとに書類選考(一次選考)を行い、一次選考を通過した方は東京事務局での面接(二次選考)を受けていただきます。遠隔地にお住まいの方で東京事務局にお越しいただくのが困難な場合は、スカイプで面接する場合もあります。二次選考の結果を最終決定とする予定ですが、場合によっては最終面接(三次選考)を行う可能性もあります。二次・三次選考の日程は一次選考を通過した候補者と個別にご相談いたします。

応募に関するお問い合わせ:

お問い合わせはEメールのみで承っておりますのでご了承下さい。
E-mail:office@jccp.gr.jp

個人情報に関する取扱い:

当センターでは、個人情報の漏洩事故等がないよう、個人情報の管理にあたり適切な安全対策を講じます。採用されなかった方の応募書類などにつきましては、当該選考業務の終了後、当センターにてすべて安全に破棄・削除いたします。